起動パーティションのespフラグについて

フォーラム フォーラム AlterLinux わからない点 起動パーティションのespフラグについて

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にjudgemにより3ヶ月前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #192
    judgem
    参加者

    alterlinux-xfce-jp-2020.04.26-x86_64.isoをUSBスティックにコピーし、ノートパソコンでUSBスティックからEFIブートし、インストーラーを実行しました。
    ノートパソコン内蔵SSDのパーティションはすべて削除し、GPTディスクで自分で気に入るような構成に手動のパーティションを作成し、インストールしようとした所、以下のメッセージです。
    「Alter Linux を起動するためにはEFIシステムパーティションが必要です。パーティションはマウントポイント/boot/efi に設定されていますが、espフラグが設定されていません。フラグを設定するには、元に戻ってパーティションを編集して下さい。」
    ここでespフラグ を設定するために戻って、起動用512MBのfat32パーティション、マウントポイント/boot/efiを再度編集したのですが、フラグのリスト中にはespというのが無くて、かわりにboot フラグを選んだところ、無事にインストールが完了し、起動もできています。
    今の所だいじょうぶっぽいのですが、espフラグのかわりにbootフラグを選択でも問題なかったでしょうか。違うなら、どのような方法が正解だったでしょうか。

    #193
    山D
    キーマスター

    こんにちは。
    AlterLinuxをEFIモードで起動させるインストールについてですが、上記の方法が正しい方法になります。
    AlterLinuxはインストーラにCalamaresというものを使っています。しかしこれに付属しているパーティション編集ツールには、手動で構成を編集するオプションを選択した場合、ESPを自動で作成してくれるオプションが存在しません。
    従ってESPを自分で作成した場合は自分でbootフラグを設定する必要があります(既存のESPを使用する場合はすでにパーティションにbootフラグが立てられているので/boot/efiのマウントポイントを指定するだけで構いません)。
    espフラグ、というのはおそらくbootフラグの誤植かと思われます。ESP(EFI system partition)はパーティションそのものを指し、インストーラがESPを認識できなかったため当該エラーが出たものと思われます。
    以上、どうぞよろしくお願いします。

    #194
    judgem
    参加者

    なるほど納得です。安心しました。お返事ありがとうございました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。